今何が出来るのか。

 
昨日の夕刻はArmour Bayへ。ここもうちから5分ぐらいなのだけど、初めて来ました。

「わあ、いい写真だなぁ。」

と、思ってブログに載せたら、
ジェス、キバってましたからね。

いい写真、台無しですからね。
  

 とあるアーティクルを読みました。

それはシロクマに関する調査とその実態の話だったんですけど、氷河を求めて彷徨ってた1頭のシロクマが氷河の微塵もない荒野で息絶えてたっていうのなんですけど。
シロクマが内陸部に入ってきたってことです。

これはシロクマの生態からすると、考えられない事態だそうです。
 
数年前にも同じようなアーティクルを読んだんですね。 

そのときのシロクマは、温暖化で少なくなっている氷河を求めて、あてのない氷河散策へ出るものだったんですが、

求めた先は海でした。

そにときも私は言い表せない絶望感を感じたんですけど。

今回はそれ以上。。。
陸にシロクマが得られる糧はないに等しいそうです。
 
石油の発掘や温暖化により絶えるものがあるなら、それを促進している人間の私は何ができるのだろう?

と、大人になった今でも考える。

と、いうことは、何かできることがあるんじゃないかな、と。
 
特にこの国に暮らし始め、動植物や自然環境がもっとみじかになったというのもあるし、日本のように「便利」ではない国での生活は「物を持たない」生活にもなった。

本当に色んな分野で「物を持たない」です。

あんだけ好きだったネットショッピングも気がつけば何ヶ月としていないのも普通。

服なんて最後、いつ買ったんだろ??

もう半年以上前?

 
旦那は典型的なキウィなので、「モノは駄目になっても直して使う。」のが普通。そんなのも影響しているかもしれない。

彼が17歳のときにスケートボード全盛期に着ていたTシャツもまだある。穴が空いて、擦り切れているけど家着に着てたりするし、ともだちに会うくらいだったら普通に着て行く。
 
まあ、そんな人が周りにいっぱい居るのでわたしも気にならないけど。

気にならないどころか、
 
自分のロンTにも穴が開いて早2年。。。

仕事で酷使しているTシャツはどれもこんな感じ。。
と、まあ、物欲だとか無駄に安物を買う癖は無くなったと思う。
  

で、本題。

環境問題っていうのは壮大過ぎて、自分に何か出来るのか?と、アイデアを考えることさえも想像し辛いのですが。。。

大なり小なり、環境を壊しながら作られた、もしくは壊す可能性のある製品や食品を買って生きていると思うので 

そういうものを勉強することから始めようかなと思います。
だってよく知らない。実際のところ。。。
  

欲を言えば自然環境保護に関わる仕事をしたいと思えども、それはもう少しドメスティックで経験を積んでからだろうな。

 もっと何か固有なものに突出したスキルを持ちたい。
 
数年後、自分がどんな生活を送っているのか。。。

1年後のことすらわからないけど、目標があれば。。。!

✨応援クリックありがとうございます✨
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村